登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
スタッフの毎日
2008/06/25 フィルム写真のデジタル化
こんにちは。バシです。
昼休みに、ブローニーフィルムをスキャンしてみました。
いつも思うのですが、カラーネガのスキャンって難しい。
スキャンは、その後ソフト上での補正を前提に行うので、もちろん一発で希望の色を出す必要はないのですが、
ある程度目標の色調になるように、かつ補正のために幅広く情報を取り込む必要があります。

使用したスキャナーはエプソンのGT-X700。
ドライバ上ではほとんど補正せずに取り込んだのが、雑草の写真です。
取り込み範囲の設定で、自動補正されたそのままの色です。
まるで極彩色カラーリバーサルフィルムのような緑色になったので、びっくりしました。

フィルムのスキャンは日頃行いますが、正直言うとフィルムで撮ってデジタル化って、
ちょっとおかしな話だなあ思っています。
だって、せっかくのフィルムの個性も、デジタル化で「別物」になってしまうのだから。
本当いうと、ラボで腕のいいプリンターさんに手焼きを頼みたい。
ただ、手軽な価格で満足のいくプリントを外注することは難しくて…。

で、どうせならばデータを思いっきりいじってしまおうかと遊んでみたのが、子どもの写真です。

こういう色調、よく見ますよね。
昨日、書店で雑誌を立ち読みしたのですが、某誌にあるわあるわ、こんな色。
狙って出している色なのかな…。
うーん、狙わないと出せない色でしょうね。
色の印象が強すぎて、どの写真も同じように見えてしまいがちなのが、残念だと思います。
「ただ、ハイキーで色かぶっているだけじゃん!」と、
結構どうでもいい写真だったりすることも多々あります。

やっぱりフィルムの写真にデジタル加工を施すときって、
「最初からデジタルカメラで撮ればいいじゃん」と微妙な気持ちになるのですが、
それでもフィルムカメラに捨てがたい面白さを感じるのは、
私の場合多分に「撮影プロセス」の方にある気がしています。
スタッフの毎日
2008/06/24 さよなら我が愛馬 マジェスティー

下駄屋です。
週末に8年間乗ったヤマハのバイクを手放しました。
この愛馬との思ひ出を記します。

2000年夏に行きつけのバイク屋で購入。
納車1ヵ月後にタクシーと衝突し大破。
事故車の烙印がつき、大部分を修理。
その後、ちょこちょこと自分でカスタムパーツを取り付け改造。
» 続きを読む

今月の主な特集内容は・・・
7月号特別付録【逸品フォトツール大図鑑】
ニューモデル撮り下ろしギャラリーvol.4 永山昌克「上海美女めぐり」×ソニーα350
入門機の王道Kissシリーズに兄弟機誕生 キヤノン EOS Kiss F
2008上半期○と×で総まくり 実力機、人気機種26の絶対評価
6人の写真家が自作から選ぶ 私を変えた「この一枚」
水滴写真の小宇宙 美しい“水滴写真”に挑戦II

もっと詳しい内容は、日本カメラホームページへ。
撮ってきた!
2008/06/19 洗足カメラ散歩

みなさんこんにちは。バシです。
所用で休暇を取った日の午後、洗足へ撮影に出かけてきました。

「業界撮影会」という変な名の撮影会に参加しているのですが、
この撮影会のテーマは50音順に撮影地を選んでいくというもの。
年に数回開催し、これまで「あ」の浅草に始まり、現在は「せ」の洗足まで十数カ所を巡ってきました。
洗足撮影会は4月の開催でしたが、当日欠席した私は後日単独の撮影となったわけです。
ハッセルにポジ入れて行こうかな…と思いつつ、めずらしくデジタル一眼を持って行きました。

初めて行く洗足。
何も予備知識のないままに歩いて行くと、一般公開をしている古い民家がありました。
入場者は誰もいません。
門の外でうろうろしていると管理人のおじさんが出てきたため、
200円を払って中を見せてもらうことにしました。
もう夕方近くだというのに、この日一人目のお客だったのでしょうか。
突然の入場者に、おじさんはいそいそと家屋の明かりを点けてくれました。

それでも暗い、家の中。
昔の家は暗かったのだなあ。
シャッターを切るも、ISO800で1/2秒なんてザラです。
(ザラザラの写真になっちゃうなあ…なあんて)

ブレた写真も多いけれど、デジイチにしてよかったと思った次第。
(VRレンズだったらよかったのになあ)

元は農家仕様の家屋ですが、後に茅葺き屋根をトタンに変えたりと住みやすくリフォームしたのだそうです。
歴史を感じる柱や床。生活の面影を残すさまざまな調度品。屋敷林の庭。
床の上につい寝転んで長居をしてしまいました。

洗足の町を撮るつもりが屋内写真ばかりになってしまいましたが、安らぎをもらったカメラ散歩でした。


写真:古民家の室内と庭

こんな事になるきっかけは私の体重を何とか元に戻したいため100キロマラソンを安易に選んでしまったのです。
練習を始めたのが3か月前、体重87キロは大会当日には83キロまで減ってはいたがウルトラを走るためにはそれでも重すぎることは間違いない。


スタートしてすぐに最後尾が自分の指定席と心得、しばらく後方から続く。10キロを1時間10分で予定の通過。

今回、撮影することで初挑戦の緊張を和らげるためコンデジを持参した(以前に初トライアスロンで成功の例)。

のちにそのことが大きな間違いとなってしまった。最初は面白くキロ表示板を撮っていた。シャッターを切っていると、すべてのキロ表示を取らなければいけない観念になってしまった。今考えると100回のシャッターとなるのだが…
ちょっとした風景を入れるシャッターにわずかな時間しか掛からないと高をくくっていた。
50キロを5時間45分の通過で予定より早い、貯金をつくって安心した反面、不安も出てきた。

60キロで不安が的中、足が止まった前半50キロのアップダウンの連続で膝や足首に痛みが走る。筋肉痛も手伝ってキロ8分の走りになってしまった。前半がキロ6分だから大きなペースダウンで坂道ではほとんど歩きを強いられた。


それでもキロ表示板の撮影は忘れずに続けていた。なんとか筋肉痛をごまかしながら90キロまで来ていた。
すっかり忘れていた関門のそこには「収容車」が待機していた。20分通過が遅れるとその収容車のお世話にならなくてはいけないのだ。
マラソン経験で収容車に追いかけられるのは初めての経験で益々完走できないことが頭をよぎる。
このままのペースだと完走もできない、考えたとたん応援して送り出してもらった会社の人たちの顔が浮んだ。「頑張るっきゃない」と思ったとたん残り3キロを嘘のようなピッチでゴールまで走り抜けた。
制限時間の20分前、【14時間10分】が100キロに要した時間だが、ウルトラマラソンは記録より完走が勝利者の意味がわかるような気がした。
応援してくれたみんなに大感謝だ。
最後の3キロの写真は撮っていなかった。。

ちなみに気になる体重は、レース翌日に計ったら1キロ増えていた。



当日の装備(キャップとウエストポーチ)と、完走記念メダル
隠岐の島ウルトラマラソン公式ホームページ
カテゴリ
フォトログについて (2)
撮ってきた! (56)
買っちゃった! (45)
行ってきた! (82)
スタッフの毎日 (143)
スタッフのつぶやき (7)
取材っ! (29)
ただいま仕事中!! (4)
J-カメラ パトロール中 (23)
最新情報 (133)
山日記 (9)
酔いどれ日記 (27)
日本一周気まま旅 (44)
バックナンバー
2019/05 (1)
2019/04 (2)
2019/03 (1)
2019/02 (2)
2019/01 (1)
2018/12 (1)
2018/11 (4)
2018/10 (3)
2018/09 (2)
2018/08 (2)
2018/07 (1)
2018/05 (3)
2018/03 (1)
2017/09 (1)
2017/05 (1)
2017/03 (3)
2017/01 (1)
2016/11 (1)
2016/09 (14)
2016/08 (3)
2016/07 (12)
2016/06 (15)
2016/05 (6)
2016/04 (2)
2016/03 (2)
2016/02 (1)
2016/01 (1)
2015/12 (2)
2015/11 (1)
2015/10 (1)
2015/09 (3)
2015/08 (5)
2015/07 (3)
2015/06 (2)
2015/05 (2)
2015/04 (1)
2015/03 (2)
2015/02 (3)
2015/01 (2)
2014/10 (4)
2014/09 (2)
2014/08 (3)
2014/07 (3)
2014/06 (2)
2014/05 (3)
2014/04 (1)
2014/03 (1)
2014/02 (2)
2014/01 (2)
2013/12 (1)
2013/11 (2)
2013/10 (1)
2013/08 (1)
2013/04 (2)
2013/02 (2)
2013/01 (1)
2012/11 (1)
2012/10 (2)
2012/09 (3)
2012/08 (4)
2012/07 (1)
2012/06 (4)
2012/05 (1)
2012/03 (3)
2012/02 (7)
2012/01 (2)
2011/12 (2)
2011/11 (4)
2011/07 (2)
2011/06 (3)
2011/05 (3)
2011/03 (2)
2011/02 (3)
2010/10 (3)
2010/09 (7)
2010/08 (7)
2010/07 (6)
2010/06 (13)
2010/05 (11)
2010/04 (14)
2010/03 (13)
2010/02 (11)
2010/01 (12)
2009/12 (15)
2009/11 (16)
2009/10 (20)
2009/09 (20)
2009/08 (17)
2009/07 (24)
2009/06 (21)
2009/05 (8)
2009/04 (11)
2009/03 (11)
2009/02 (10)
2009/01 (13)
2008/12 (12)
2008/11 (7)
2008/10 (12)
2008/09 (9)
2008/08 (11)
2008/07 (12)
2008/06 (14)
2008/05 (13)
2008/04 (20)
2008/03 (17)
RSS RSS
« PAGE TOP  /  PAGE : | 1 | 2 | 3 | >  >|