登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
われらライカ仲間
Vol.5
藤井 智弘
Tomohiro Fujii
インタビュアー
対談お相手
ジョン・サイパル
John Sypal
ライカだからこそ、受け継がれるストーリー
 日本カメラ本誌の連載『Tokyo Camera Style』でお馴染みのアメリカ人写真家、ジョン・サイパルさん。2004年から日本に暮らし、日本語も堪能。現在は英語教師と写真家を両立させている。
「もともとは大学で美術を専攻していました。その中で写真を撮る授業があって、そのときの先生にとても影響を受けました。カメラを手にすると、どこへ行っても新鮮な感覚で見ることができて、これは面白い。それから写真にのめり込みました。先生にはアンリ・カルティエ=ブレッソンやウィリアム・クラインなどの写真を教えてもらいましたよ」
 日本へは交換留学生として来日したのが最初。日本の文化が好きだったからだとか。
「西新宿のカメラ屋さんはよく行きましたね。その頃は、ニコンF2やF3を使っていました。1年で500本くらいフィルムを使ったかな。でも一眼レフは機動力がなくて。それでコシナのベッサR2を買いました。レンズは古いスクリューマウント。レンジファインダーは一眼レフより自由に撮れるように感じました。ライカを手にするのはそれからですね」
 初めて手にしたライカは、ライカM6 TTL。しかし状態が悪かったとか。
「結局壊れてしまいました。ライカM6 TTLにはいい思い出がないですね」
 そして現在も愛用している、シルバーボディのライカMPを購入した。
「ライカMPはすごく気に入っています。ライカM7はAEが付いていて便利なんですけど、電子シャッターですからね。ライカMPは機械式シャッターだから、もし電池がなくても撮影できる。安心感が大きいです」
 レンズはズミクロンM f2/35ミリASPH。やはりシルバー仕上げだ。高校時代の先生が持っていたレンズを譲ってもらったそうだ。
「僕はもともとレンズの描写はあまり気にしない方なんです。でもこのレンズはよく写りますね。素晴らしいレンズです」
 そして、さらにブラックのライカMPも購入した。こちらには、レンズはシルバーのエルマーM f2.8/50ミリをメインに使用する。
「シルバーのライカMPはファインダー倍率が0.58。だから35ミリをよく使います。ブラックの方は0.72。こちらは50ミリが多いです。気分で使い分けることもありますけどね。それとブラックボディにシルバーのレンズって、すごくカッコイイと思うんですよ。この組み合わせが好きですね」
 2台のライカMPは、シボ革を昔ながらのバルカナイトにして、巻き上げレバーはライカM4のものにカスタマイズしている。
「ライカMPの巻き上げレバーはすべて金属で、長時間使っていると指が痛くなるんです。そこでプラスチックの指当てがあるライカM4のものに替えてもらいました。シボ革は名古屋の業者にお願いしました。ライカ純正の“アラカルト”ならぬ“ジョナカルト”ですね(笑)」
 さらに最近、ライカM6も入手した。
「ネブラスカ大学の尊敬する先生から譲っていただきました。これもすごく気に入っていますよ。先生のライカを僕が受け継ぐ。ライカは長く使えるので、そうしたストーリーができます。それもライカが好きな理由です」
 ジョンさんはライカM6を手にしながら嬉しそうに話す。それではデジタルのライカは使わないのだろうか。
「リコー GR DIGITAL IVは使っていますよ。でも基本はライカとフィルムですね。フィルムで撮影して、撮影済みフィルムが増えたらフィルム現像をする。それからベタ焼きを作って、それからプリント。一連のワークフローが出来ているんです。ライカもデジタルにして、そのワークフローをあえて崩すことは考えていません。僕にとっては、フィルムで写真を撮るのが自然なことなんです」

    
    ライカMP ブラック     
  
  ライカMP シルバー
    
    ライカM6 ブラック
  
  ジョンさんのフィルムケース


Profile
Profile
藤井 智弘
Tomohiro Fujii
1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。96年からフリー写真家となり、カメラ専門誌での活動や、国内、海外の街を撮る。ライカは97年購入のライカM3が初。現在はデジタルのライカM、ライカM9、ライカXバリオを主に使用する。2016年9月より、デザインオフィス(株)AQUAに所属。(公社)日本写真家協会会員。
(株)AQUA Webサイト
プライベートWebサイト
 
ジョン・サイパル
John Sypal
1979年米国ネブラスカ州生まれ。2003年ネブラスカ大学卒業。2004年千葉県松戸市に移住。写真展に『The Difference Between』『Gaijin Like Me』『A Straight Line Of Vision』『195』『随写』などがある。WEBサイト『tokyo camera style』を運営。
対談お相手
アレックス・マヨーリ
河田 一規
北井 一夫
コムロ ミホ
清水 朝子
ジョン・サイパル
鈴木 信彦
大門 美奈
中藤 毅彦
永嶋 勝美
日野 真理子
藤里 一郎
バックナンバー
Vol.12 (2016/11)
Vol.11 (2016/07)
Vol.10 (2016/01)
Vol.9 (2015/07)
Vol.8 (2015/04)
Vol.7 (2014/10)
Vol.6 (2014/07)
Vol.5 (2014/04)
Vol.4 (2013/12)
Vol.3 (2012/10)
Vol.2 (2012/05)
Vol.1 (2012/04)
RSS RSS