登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
われらライカ仲間
Vol.1
藤井 智弘
Tomohiro Fujii
インタビュアー
対談お相手
アレックス・マヨーリ
Alex Majoli
世界的写真家集団
マグナム・フォト会長のライカ遍歴とは
 ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、デヴィッド・シーモアなどが結成した世界的な写真家集団、マグナム・フォト(以下マグナム)。2011年から、そのマグナムの会長に就任したのが、イタリア出身のドキュメンタリー写真家、アレックス・マヨーリ氏だ。
 マヨーリ氏は写真家の仕事、そしてマグナム会長としての仕事の他に、ミラノの近くにあるスタジオで年2回の写真教室も行っている。それもワークショップよりハイレベルなマスタークラスと呼ばれるもの。
「期間は6か月。まずは受講者の写真を徹底的に否定することから始まる。というのも、日本も含めて世界中の若い写真家の作品は、どれもどこかで見たような写真ばかりなんだ。僕のクラスにもブレッソンを崇拝する人が来て、写真もそっくり。影響を受けるのはいいけれど、マネはダメ。ブレッソンの作品はブレッソンの人生であって、彼の人生じゃないからね。彼には彼だからこその作品になるように、表現方法を教えていくんだ」
 受講者はマヨーリ氏のアドバイスを受けながら、ひとつの作品集を作る。
「今は3回目だけど、最初のクラスを受講した人の中には、もう写真集を何冊も出版した人もいる。すでに結果は出てきているよ」
 国籍は問わないとのことで、12人までの受講者が世界中から集まる。開催情報は、マヨーリ氏のウェブサイトで確認できるそうだ。
 さてマヨーリ氏といえば、最新のライカMシステムのカタログを撮影していることでも知られている。もちろんマヨーリ氏もライカ好きだ。
「最初にライカを手にしたのは1992年。ライカを買えるだけのお金が貯まったので、ライカM6を手に入れたんだ。レンズはズミクロンM35ミリF2。僕は35ミリがメイン。F1.4のズミルックスは、当時非球面レンズじゃなくて、絞り開放の写りが好みじゃなかったんだ。でも非球面レンズのタイプが発売されて、98年にズミクロンからズミルックスに買い替えたよ」
 ライカM6は、2002年まで使用したとのこと。
「2002年からデジタルになったので。当時はまだライカはM型デジタルがなかったから、日本メーカーのデジタル一眼レフを買った。でもこの頃のデジタルは写りが悪くて…。正直、良い印象はなかったね。ライカM9が発売されて、またライカを使うようになったんだ」
 ところが今年1月、エジプトで撮影中にライカM9を盗まれてしまった。
「僕は治安の悪いところで撮影することが多いから、こういうこともあるんだ。もちろんライカはまた買うよ。ライカへの要望としては、もっと値段が安ければね(笑)。でも高くて当然なんだ。ハンドメイドだし、こだわって造られている。手にする満足感は最高だよね。フェラーリがどうしてあんなに値段が高いのかと同じことだよ」
 フェラーリで例えるとは、イタリア人らしい言葉が返ってきた。


マヨーリ氏が92年に購入したのと同型のライカM6。マヨーリ氏のファーストライカだ。レンズはクセ玉より、絞り開放から安定した描写が好み。そこでクセのあるズミルックスではなく、ズミクロンM35ミリF2を一緒に購入したとのこと。(写真のレンズはズミルックス)

  ライカM9からデジタルでライカを使うようになったマヨーリ氏。ところが今年1月にエジプトを取材中に愛機を盗まれてしまった。ライカ銀座店でライカM9のデモ機を手にしたマヨーリ氏は、懐かしそうにライカM9のシャッターを切っていた。


Profile
Profile
藤井 智弘
Tomohiro Fujii
1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。96年からフリー写真家となり、カメラ専門誌での活動や、国内、海外の街を撮る。ライカは97年購入のライカM3が初。現在はデジタルのライカM、ライカM9、ライカXバリオを主に使用する。2016年9月より、デザインオフィス(株)AQUAに所属。(公社)日本写真家協会会員。
(株)AQUA Webサイト
プライベートWebサイト
 
アレックス・マヨーリ
Alex Majoli
1971年イタリア、ラベンナ生まれ。96年からマグナム・フォトに参加し、01年より正会員。マケドニア、アルバニアやユーゴスラビア紛争などを取材。02年にはギリシャ・レロスの精神病院を取材した写真集「Leros」を出版。昨年はチュニジアとエジプトで「アラブの春」を取材。11年度よりマグナム・フォト会長。
対談お相手
アレックス・マヨーリ
河田 一規
北井 一夫
コムロ ミホ
清水 朝子
ジョン・サイパル
鈴木 信彦
大門 美奈
中藤 毅彦
永嶋 勝美
日野 真理子
藤里 一郎
バックナンバー
Vol.12 (2016/11)
Vol.11 (2016/07)
Vol.10 (2016/01)
Vol.9 (2015/07)
Vol.8 (2015/04)
Vol.7 (2014/10)
Vol.6 (2014/07)
Vol.5 (2014/04)
Vol.4 (2013/12)
Vol.3 (2012/10)
Vol.2 (2012/05)
Vol.1 (2012/04)
RSS RSS