登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
鈴木一雄さん
6
ペンタックス67
 「ガタシャン!」という力強い音を発しながら、けっこうな振動と共にシャッターがきれる。そのシャッター音にふさわしい野武士のような風貌をしたカメラ、それがペンタックス67である。
 私がアマチュア時代、スナップ写真からモデル撮影、そして風景写真まで幅広く撮影の技術習得に努めていたときに相棒を努めた、愛おしい銀塩カメラである。最初は、ニコンFEを使っていた。だが、本格的に写真に取り組むにあたり、写友のすすめでペンタックス67を購入するに至った記憶がある。レンズも、広角から望遠まで、いろいろなものを使った。400ミリレンズなどはバズーカ砲のようで、ピント合わせも両手でピントリングを回さなければならなかった。フィルムはブローニーサイズの110サイズで10枚、220サイズで20枚しか撮れず、一本入れてもあっという間に終わってしまい、シャッターチャンスのたびに必死でフィルム交換を行ったものである。
 ハッセルブラッドの「シュボッ」という洗練されたシャッター音を聞くたびに少しは羨ましく思ったが、価格的に手が届かず、このカメラをずっと使い続けた。
 右写真のように塗装が剥げて地金の肌色が現れているが、使い込んだ価値が宿るこのようなカメラは、なかなか少ない。
 やがてメインカメラは、35ミリ判一眼レフ、そしてペンタックス645N、645N?へと移っていった。私がこれまで使ってきたカメラは、銀塩カメラとデジタルカメラを併せておよそ20機種である。だが、この67だけは手放すことはなく、時にはシャッターをきって写真集・写真展の作品群にそっと紛れ込むこともあった。下記の紅葉の作品は、2006年に発表した写真展・写真集『おぐにの聲』に収蔵されたペンタックス67の作品である。
 さすがに近年は出番が無くなってしまったが、それでも時折手にとって空シャッターをきることがある。
 「ガタシャン!」という懐かしい響きを体で受け止めるとき、青春時代の記憶が鮮やかに蘇る。撮影に、写真に時間を注ぎ込み、夢中で取り組んでいた甘酸っぱい感動が、全身を駆け巡るのである。
 写真が銀塩からデジタルの世界に大きく舵を切った現在、カメラは、パソコンのように時間の経過と共に価値が失われていくものになってしまった。カメラそのものが、消費社会と使い捨て時代に迎合したものになりつつあるのが、寂しい。だからこそ、このペンタックス67は、いつまでも私の手元にあるのかもしれない。




©鈴木 一雄

今回の語り手プロフィール
鈴木一雄
Kazuo Suzuki
次回の語り手プロフィール
佐藤仁重
Yoshie Sato
1953年福島県生まれ。法政大学法学部卒。民間企業、地方公務員を経て自然写真家に。(公社)日本写真家協会会員、日本写真協会会員。フォト寺子屋「一の会」主宰。写真集に『-日本列島-季乃聲』『櫻乃聲』『おぐにの聲』『裏磐梯の聲』『尾瀬の聲』『尾瀬しじまの旋律』『裏磐梯彩景』、著書に『―見たい撮りたい―日本の桜200選』『デジタル露出の極意』『風景写真の極意』など多数。しあわせな写真人生を送るための「自慢史つづりと自分史つづり」を提唱。   写真家。東京・六本木生まれ。女子美術短期大学造形科卒。日本写真家協会会員。全日本写真連盟 関東本部委員。東京・丸の内で写真教室を主宰。初心者~アマチュア、子ども等、幅広く写真の指導を重ねる。写真集 『紐育(ニューヨーク)の休日』 朝日新聞社。フォトコンテスト審査員。全国各地での写真教室や撮影指導。各種写真誌等で原稿執筆・作品発表。「快晴堂フォトサロン」を運営。
佐藤仁重さんは、とてもエネルギッシュな女性写真家である。自ら「快晴堂」というカメラのお店を経営しながら、“女性だけの写真教室”を主催し、そして数多くの講師を務めている。“女性だけの写真教室”の卒業生は、2600名にも及ぶという。すごいことだと思う。たくさんのアマチュア写真家を指導しながらも、ご自分の作家活動も旺盛に行われている。近年は,風景写真にも取り組まれている。これまで二度ほどフォトコンテストの審査を一緒にさせていただいたご縁で、時折、鍋パーティにもご参加いただいているが、楽しいお酒である。
語り手一覧
▶ 赤城耕一
▶ 榎並悦子
▶ 大坂寛
▶ 織作峰子
▶ 神立尚紀
▶ 齋藤亮一
▶ 坂口綱男
▶ 佐藤仁重
▶ 菅原一剛
▶ 鈴木一雄
▶ 高井潔
▶ 内藤忠行
▶ 英伸三
▶ 林義勝
▶ 松本徳彦
機種一覧(カメラ)
▶ オリンパス OM-1N
▶ キヤノン F-1
▶ コンタックスRTS
▶ コンタックスRXII
▶ コンタックスST
▶ ディアドルフ8×10
▶ ニコンS
▶ ニコンSP
▶ ハッセルブラッド553ELX&オリンパスPEN E-P3
▶ ペンタックス67
▶ マミヤ7II
▶ ミノルタオートコード
▶ リンホフテヒニカ4×5
▶ ローライ コード
▶ ローライフレックス3.5F
バックナンバー
▶ No.15 (2017/03)
▶ No.14 (2016/12)
▶ No.13 (2016/09)
▶ No.12 (2016/06)
▶ No.11 (2016/03)
▶ No.10 (2015/11)
▶ No.9 (2015/07)
▶ No.8 (2015/02)
▶ No.7 (2014/08)
▶ No.6 (2014/04)
▶ No.5 (2014/01)
▶ No.4 (2013/10)
▶ No.3 (2012/10)
▶ No.2 (2012/05)
▶ No.1 (2012/04)
RSS RSS