登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
林義勝さん
5
コンタックスRXII
 1974年、「ちょっと失礼!芸能人100人の顔」の個展を銀座フジフォトサロンで催し、プロデビューしたその年、往年の名機コンタックスがRTSという名称で復活した。ボディーはポルシェデザイングループによるもので、他社メーカーのものとは一味違ったエレガントで美しいデザインも魅力的だった。いつかは使ってみたいという願望はあったが当時の私にとって高嶺の花の存在でもあった。それと、父(写真家林忠彦)が使っていたということも自分自身にとって敷居が高かった。私がプロデビュー当時に使用していたカメラはミノルタでSRT101から始まり、XE、X1、XDと、長期にわたって使用していた。中村勘三郎(当時、勘九郎)を七年間撮り続けたときに使用していたカメラもミノルタ製品によるものだった。
 コンタックスを入手することが叶ったのは発売されてから三年目の年だった。念願だったカメラを手にした時の感触は今も記憶に残っている。ソフトなホールド感と、軽く指を触れるだけでシャッターを切ることが出来る電磁レリーズの感触も新鮮に思えた。以来、長年愛用し続けている。当初からツァイスレンズの解像力の良さとキレの良い描写に魅せられていた。後にズームレンズが発売されてからは、フットワークを重視した旅の撮影が主だったこともあり、ズームレンズを使用する頻度が多くなっていった。撮影の目的によって異なるが、主要機材となった、RXIIボディー3台にぞれぞれ、ディスタゴン18ミリ、バリオゾナー28~70ミリ、80~200ミリレンズを装着した3台でほぼ仕事をこなして来た。2006年NHKスペシャル「新シルクロード」の取材では延べ日数90日間、砂漠ルート、陸路16000キロの行程の中、夏と冬の気温差60度という過酷な条件にも対応し、ボディー、レンズ共にノントラブルで身体の一部のようになり、旅を共にすることが出来たのは嬉しかった。デジタル機材に移行してからも、銀塩フィルムはコンタックス、デジタルはキヤノンと目的によって使いわけている。


『昼下がり』新疆ウイグル自治区・クチャ
バリオゾナー28~70ミリ・ベルビア100F

『龍舟節』四川省・楽山
ディスタゴン18ミリ・フジクローム1600タイプ

『踊り子』甘粛省・敦煌
バリオゾナー80~200ミリ・
プロビア400


©林 義勝

今回の語り手プロフィール
林義勝
Yoshikatsu Hayashi
次回の語り手プロフィール
鈴木一雄
Kazuo Suzuki
1950年に林忠彦の四男として東京に生まれる。人物写真を主体とし、エディトリアルの分野でも活躍する一方で、テーマ写真を得意とし、歴史的背景を織り込んだ日本の原風景や「能」などの伝統芸能の撮影に取り組む。ニューヨークをはじめ国内外で写真展多数開催。主な写真集に、『十二支伝説』『龍伝説』『観世宗家能面』(共著)『新シルクロード』(共著)『東海道の旅』(林忠彦共著)他。現在、日本写真家協会会員、林忠彦作品研究室代表   1953年福島県生まれ。法政大学法学部卒。民間企業、地方公務員を経て自然写真家に。(公社)日本写真家協会会員、日本写真協会会員。フォト寺子屋「一の会」主宰。写真集に『-日本列島-季乃聲』『櫻乃聲』『おぐにの聲』『裏磐梯の聲』『尾瀬の聲』『尾瀬しじまの旋律』『裏磐梯彩景』、著書に『―見たい撮りたい―日本の桜200選』『デジタル露出の極意』『風景写真の極意』など多数。しあわせな写真人生を送るための「自慢史つづりと自分史つづり」を提唱。
鈴木一雄さんは福島県出身。福島を愛し、裏磐梯シリーズ他、郷土の風景写真を撮り続けている。桜をライフワークとし、日本全国の桜を追い、『櫻乃聲』という写真集も出版。他にもテーマを持ち、精力的に作品づくりをしている。又、フォト寺子屋「一の会」を主宰し、写真愛好家の育成にも尽力している。そんな忙しい日々の鈴木氏だが、年に一度、鈴木氏の呼びかけで催される鍋の会では写真仲間が集い、写真談義に花を咲かせながら一献する酒宴に参加するのを楽しみにしている。
語り手一覧
▶ 赤城耕一
▶ 榎並悦子
▶ 大坂寛
▶ 織作峰子
▶ 神立尚紀
▶ 齋藤亮一
▶ 坂口綱男
▶ 佐藤仁重
▶ 菅原一剛
▶ 鈴木一雄
▶ 高井潔
▶ 内藤忠行
▶ 英伸三
▶ 林義勝
▶ 広川泰士
▶ 松本徳彦
機種一覧(カメラ)
▶ エボニーワイド8×10 Hirokawa special
▶ オリンパス OM-1N
▶ キヤノン F-1
▶ コンタックスRTS
▶ コンタックスRXII
▶ コンタックスST
▶ ディアドルフ8×10
▶ ニコンS
▶ ニコンSP
▶ ハッセルブラッド553ELX&オリンパスPEN E-P3
▶ ペンタックス67
▶ マミヤ7II
▶ ミノルタオートコード
▶ リンホフテヒニカ4×5
▶ ローライ コード
▶ ローライフレックス3.5F
バックナンバー
▶ No.16 (2017/06)
▶ No.15 (2017/03)
▶ No.14 (2016/12)
▶ No.13 (2016/09)
▶ No.12 (2016/06)
▶ No.11 (2016/03)
▶ No.10 (2015/11)
▶ No.9 (2015/07)
▶ No.8 (2015/02)
▶ No.7 (2014/08)
▶ No.6 (2014/04)
▶ No.5 (2014/01)
▶ No.4 (2013/10)
▶ No.3 (2012/10)
▶ No.2 (2012/05)
▶ No.1 (2012/04)
RSS RSS