登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
榎並悦子さん
3
キヤノン F-1
 繋がる、ということで、神立尚記さんからご指名頂きました。神立さんや先の赤城耕一さんのようなカメラ遣い(笑)ではないので、たくさんのカメラとの秘めたる過去があるわけではありません。どうしたものかと悩みつつ・・・。
 きっとこれが一目惚れ、というか運命の出会いだったのかも、ということでキヤノン F-1を取り上げさせていただきます。
 私がF-1を見初めたのは、大学に出店していたカメラ店のショーケース。入学して間なしのことです。それまで使っていたのはミノルタのSRT-101で、こちらは中学生の時に、お年玉を貯めて買った中古でした。大学のカメラ店は、学生食堂の前にあり、メインの通路にあったので、そこを通る度に、ショーケースを眺めていました。で、ある日、キヤノンフェアーという貼り紙がしてあって、F-1に50ミリF1.4が付いて、確か99,900円という、これまた購入の決断を迫るようなプライスで鎮座していたのです。やっぱりおニューは美しい。ブラックボディも格好いい!と欲しくてたまらなくなり、「授業で必要だし(大汗)、今はsaleだから(苦笑)」と自分勝手な理由をつけて手に入れました。
 まぁ結果的には、真新しいカメラのお陰で、学業にも専念し(爆)、その後も写真の道に進むことになったのですから、やはりこの時のF-1との出会いは大きかったのかなぁ、と思う次第です。もしこの時、キヤノンフェアーでなくて、ニコンフェアーだったなら、きっとF2フォトミックが愛機になっていたのではないかしら、と思ったりもします。
 ちなみに最初のMyカメラは、Kodakのインスタマチックです。小4のときにお年玉で買ったものです。ずっと実家のひきだしにしまってあったはずが、あるとき家に帰ってみると姿を消していました。どうやら捨てられてしまったようです(T-T)。それから20年以上が過ぎ、もう忘れていた頃に京都の中古屋さんで再び巡り会いました。おぉ~懐かし~ということでもちろん購入しました、500円也。なんだかなぁ~コーヒー1杯分で想い出が買えちゃうなんて。それにもしかしたらこの子、ウチにあったやつがめぐり巡って再び戻って来たのでは?と。今はそう信じています。素敵なめぐり逢い!でしょ(^_-)-☆。
プロフェッショナルカメラだけにファインダーは交換式。
アイレベル式ファインダーは倍率0.77倍・視野率97%。フォーカシングスクリーンも交換式で、標準のフレネルマット式以外に、8種類をラインアップ。
マウントはキヤノンFDマウント。外爪バヨネット式(スピゴット式)でマウント内径は48ミリ。私が愛用していた1本、キヤノンFD50ミリF1.4。

最新刊『パリの宝石箱 Bijoux de Paris』クレヴィス刊より

今回の語り手プロフィール
榎並悦子
Etsuko ENAMI
次回の語り手プロフィール
坂口綱男
Tsunao Sakaguchi
京都市生まれ。
国内外を問わず旅することが大好きで、「一期一会」の出会いを大切に、人物や自然、風習、高齢化問題など幅広いフィールドをしなやかな視線でとらえ続けている。写真展に盲老人ホームの日常をとらえた「都わすれ」や東京の下町を撮った「裏から廻って三軒目」、高齢化率日本一の町を取材した「日本一の長寿郷」、パリの街角をモノクロでとらえた「Paris -刻の面影-」、など多数開催。アメリカに暮らす小人症の人々を取材した写真集「Little People」で第37回講談社出版文化賞受賞。(社)日本写真家協会会員、(社)日本写真協会会員。
  1953年8月群馬県桐生市に作家坂口安吾の長男として生まれる。1978年よりフリーのカメラマンとして広告、雑誌の写真を撮る。1982年「安吾のいる風景」写真と短文を地方紙夕刊に連載巡回展のように各地で展覧会をする。1995年心象風景の写真集「Le temps arrêté」を発表、同時に文芸誌に長編エッセイ等を連載するようになる。現在、写真を主に文筆、講演、デジタルグラフィック・ワーク等の仕事をする。主な出版物 写真集『現代俳人の肖像』『Le temps arrêté』著作物『安吾と三千代と四十の豚児と』『安吾のいる風景』等。(社)日本写真家協会会員。
「私が次にリレーする方は、写真家であり、作家でもある坂口綱男さんです。名前でピンときた方は、間違いなく安吾ファンですね。綱男さんとの出会いは、かれこれ20年以上前になります。初対面のときに、何となく名前に覚えがあるような気がして思わず「坂口安吾のご子息ですか?」と聞いてしまいました。安吾展で見た、赤ちゃんの頃の写真そのまんまでした(笑)。いつも穏やかな方ですが、結構凝り性で、多趣味です(と勝手に思っています)。素敵な回想をして下さると思っています。
語り手一覧
▶ 赤城耕一
▶ 榎並悦子
▶ 大坂寛
▶ 織作峰子
▶ 神立尚紀
▶ 齋藤亮一
▶ 坂口綱男
▶ 佐藤仁重
▶ 菅原一剛
▶ 鈴木一雄
▶ 高井潔
▶ 内藤忠行
▶ 英伸三
▶ 林義勝
▶ 広川泰士
▶ 松本徳彦
機種一覧(カメラ)
▶ エボニーワイド8×10 Hirokawa special
▶ オリンパス OM-1N
▶ キヤノン F-1
▶ コンタックスRTS
▶ コンタックスRXII
▶ コンタックスST
▶ ディアドルフ8×10
▶ ニコンS
▶ ニコンSP
▶ ハッセルブラッド553ELX&オリンパスPEN E-P3
▶ ペンタックス67
▶ マミヤ7II
▶ ミノルタオートコード
▶ リンホフテヒニカ4×5
▶ ローライ コード
▶ ローライフレックス3.5F
バックナンバー
▶ No.16 (2017/06)
▶ No.15 (2017/03)
▶ No.14 (2016/12)
▶ No.13 (2016/09)
▶ No.12 (2016/06)
▶ No.11 (2016/03)
▶ No.10 (2015/11)
▶ No.9 (2015/07)
▶ No.8 (2015/02)
▶ No.7 (2014/08)
▶ No.6 (2014/04)
▶ No.5 (2014/01)
▶ No.4 (2013/10)
▶ No.3 (2012/10)
▶ No.2 (2012/05)
▶ No.1 (2012/04)
RSS RSS