登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
赤城耕一さん
1
オリンパス OM-1N
 カメラ回想録というのは、昔つきあっていたガールフレンドの容姿を少々盛って、酒席で自慢げに語るような感覚で照れくさい。
 これまで使用してきたカメラは、あっちにこっちにとひっかかってきたわけで、世間さまの予想に反して、特定のカメラに強い思い入れはないのである。したがって、お気に入りの機種は何かと問われると、答えづらいのである。
 仕事の9割以上はデジタルカメラを使用しているのに、私事となると、意固地な性格ゆえ、フィルムカメラによる写真制作を続けていて、いまも様々なカメラと浮気しているのだ。こと、カメラに関してはプレイボーイな私なのだけど、ほとんどのフィルムカメラは熟女となり、トウが立ってきているのが問題ではあるけど。
 と、いうわけで今回のようなオファーをいただくとタイヘン困惑するが、熟考のすえ、学生時代から仕事カメラを経て、今では趣味カメラと、30年以上苦楽を共にしてきたオリンパスOM-1Nを取り上げることにした。
 なぜM-1でもなくてOM-1でもなくてOM-1Nなのかと問われれば、さほど意味もない。写真を勉強しようと思って大学に入った時に、今は亡き親父に買わせた機種で、発売時期に合っている。
 OM-1とOM-1Nの機能的な違いは、専用スピードライトのT32とかT20を使うと、ファインダー内にチャージ完了のLEDが点灯することくらいか。
 放蕩息子は、高校時代にオリンパスOM-2も親父に買わせていたのだが、大学入学時にメカニカルカメラでなければ、ホンモノではないとかなんとか、屁理屈をつけたような気がする。たぶん。言ってることが今でも大して変わらない。でも、ライカじゃないところが嫌味じゃないでしょ。
 黒くて、小さくて軽量で、横走り布幕のシャッターはトロンという優しい音を響かせる。購入から30年以上の間にOM-1Nを通り過ぎたフィルムは1,000ロールを軽く越えていると思うが、仕事をはじめてからも使用している。仕事ではモードラを装着し、連続撮影でガンガン酷使していた。OM-1Nは根を上げることもなく、それに一切の故障もなく、初期OM系の泣き所であるプリズムのシミも発生していない。メーターも動いており、これまで数度のオーバーホールはした記憶があるが、いまだに現役で使えているのである。大したヤツだぜOM-1N。



ズイコー21ミリF2を装着したOM-1N。あちこちの塗装が剥がれ、見た目はずいぶん疲れてきたが、いまだに現役。華奢だけど、意外に頑丈なカメラなのだ。

モータードライブ1を装着。ニッカド電池は入手が困難になってきたので単三のバッテリーグリップは大切なアクセサリー。最高5コマ/秒連写が可能である。

今回の語り手プロフィール
赤城耕一
Koichi Akagi
次回の語り手プロフィール
神立尚紀
Naoki Koudachi
東京工芸大学短期大学部写真技術課卒。出版社を経てフリー。エディトリアル、コマーシャルなどの仕事のほか、カメラ雑誌各誌において、ハウツーやカメラメカニズム記事を執筆。本人はオリンパスの広告キャッチみたいにバクテリアから宇宙までをフォローしたい気持ちだけは今も強くある。著書に「定番カメラの名品レンズ」(小学館)「レンズ至上主義!」(平凡社)ほか多数。   1963年大阪府生まれ。
1986年講談社「FRIDAY」専属カメラマンとなる。1997年まで同誌専属として取材報道に従事したのちフリー。日本写真家協会(JPS)会員。東京工芸大学非常勤講師。著書に『撮るライカ』(光人社)『祖父たちの零戦』(講談社)『特攻の真意』(文藝春秋)など。
神立尚紀さんは、写真週刊誌をベースとして活躍してきた報道カメラマンです。
現在はノンフィクションライターとしての活動も多く、戦史ドキュメンタリーの分野では、多くの著作があります。この一方でカメラメカニズムの洞察にも定評があり、カメラ雑誌でも活躍中。ライカに関する著作もあります。神立さんがどのカメラを選ぶか、個人的にとっても興味ありなのです。
語り手一覧
▶ 赤城耕一
▶ 榎並悦子
▶ 大坂寛
▶ 織作峰子
▶ 神立尚紀
▶ 齋藤亮一
▶ 坂口綱男
▶ 佐藤仁重
▶ 菅原一剛
▶ 鈴木一雄
▶ 高井潔
▶ 内藤忠行
▶ 英伸三
▶ 林義勝
▶ 松本徳彦
機種一覧(カメラ)
▶ オリンパス OM-1N
▶ キヤノン F-1
▶ コンタックスRTS
▶ コンタックスRXII
▶ コンタックスST
▶ ディアドルフ8×10
▶ ニコンS
▶ ニコンSP
▶ ハッセルブラッド553ELX&オリンパスPEN E-P3
▶ ペンタックス67
▶ マミヤ7II
▶ ミノルタオートコード
▶ リンホフテヒニカ4×5
▶ ローライ コード
▶ ローライフレックス3.5F
バックナンバー
▶ No.15 (2017/03)
▶ No.14 (2016/12)
▶ No.13 (2016/09)
▶ No.12 (2016/06)
▶ No.11 (2016/03)
▶ No.10 (2015/11)
▶ No.9 (2015/07)
▶ No.8 (2015/02)
▶ No.7 (2014/08)
▶ No.6 (2014/04)
▶ No.5 (2014/01)
▶ No.4 (2013/10)
▶ No.3 (2012/10)
▶ No.2 (2012/05)
▶ No.1 (2012/04)
RSS RSS