登録されている商品情報はありません。
 
    登録されている商品情報はありません。
 
こんにちは、山小僧です。
先日このフォトログにもアップした鳳凰三山の写真ですが、
実はフィルムカメラでも撮影していたのです!!

機材はCONTAX G1にBIOGON28mmを付けて観音岳頂上付近から撮影しました。
紅葉を前景、薬師岳を真ん中に、奥には富士山を入れたお気に入りの1枚です。
ぅう~ん、赤色がきれいに出ているなぁ…と自分では思っているのですが。

次回はどこの山に登って、どの機材で撮影しようか悩み中の山小僧でした。
山日記
2009/04/24 南アルプス 鳳凰三山
今年はどの頂きに行こうか悩み中の山小僧です。
昨年の10月に南アルプスの鳳凰三山に登ってきました。
鳳凰三山は薬師岳、観音岳、地蔵岳の3つの頂きからなる日本百名山の1つで、
なんといってもこの山の魅力といえば…

このニョキニョキっと地面から生えたような岩の集合体でしょう!!
そうです、この奇妙な岩の尖塔が見たくてこの山に登ったのです。
名前をオベリスクというみたいです。
近くで見ると意外と大きくて迫力満点でした。

それだけでも大満足だったのですが、この山行コースはとにかく景色が素晴らしかった。

オベリスクの右手に見えるのは日本百名山の甲武信岳、金峰山、瑞牆山

オベリスクの左手奥に見えるのは日本百名山の一つ、甲斐駒ヶ岳

日本で2番目に標高が高い北岳と4番目に高い間ノ岳

そして、おぉっと!!
あの山は誰もが知っている富士山ではないですか!!!!!

ぅう~ん、こうやって写真を見ていると、どんどん山が恋しくなります。
さっ、また素敵な景色を探しにダイエットがてら山登りに行きますか♪


【今回のコース】
1日目:御座石温泉→西ノ平→燕頭山→鳳凰小屋(コースタイム:5時間30分)
2日目:鳳凰小屋→地蔵岳→観音岳→薬師岳→杖立峠→夜叉神峠登山口(コースタイム:8時間)
雪解けが待ち遠しい山小僧です。
五竜岳・鹿島槍ヶ岳縦走もついに最終3日目。
この日は日本300名山の爺が岳を登って、あとは下山するだけになりました。
「麓に降りたらビールを飲みながら何を食べようかしら」と思って出発したら、
この3日間の中でこの日が一番最高の1日なりました。

出発したのとほぼ同時に見せてくれた太陽と雲の素敵な共演。

そして昨日登った双子の峰が聳えたつ鹿島槍ヶ岳。

巨大な岩の塊の剣岳とどしりと構えている立山。

遠くから見ても一目瞭然の槍ヶ岳と憧れの穂高岳。

どこれもこれも山好きには堪らない景色でした。
いやぁ、晴れてる時の山登りって本当に素敵ですね。

最後は冬に向けてぷっくら太った雷鳥に見送られ無事に下山。


さっ、今年の夏はどこの山を登りにいこうかなぁ♪

【3日目のコース】
冷池山荘→爺が岳→種池山荘→爺が岳登山口(コースタイム:4時間50分)

五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 2日目はこちらへ
五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 1日目はこちらへ
なんちゃって鬼軍曹こと山小僧です。
五竜岳・鹿島槍ヶ岳縦走も2日目に入りました。
この日は今回の山行で最大の難所「八峰キレット」を通過する日です。
(八峰キレットは五竜岳から鹿島槍ヶ岳を結ぶ稜線のことです。)
ドキドキとハラハラとワクワクを胸にいざ五竜山荘を出発!!
まずは百名山の一峰、五竜岳へ。

上へ上へ登ること約1時間半。
見えてきたのは岩の固まりのような山、五竜岳山頂!!
早朝にもかかわらず、すでに山頂は人だらけ。

そして、八峰キレットが徐々に本性を出してきました。
体全身を使って上り下りを繰り返すこと4時間以上。
こ、こんなところに人の要塞が!!!!!

疲れ切った体を癒してくれるオアシス、キレット小屋。
そこから見える景色もまた壮観。

体力を少し回復させて目指すはもう一つの百名山、鹿島槍ヶ岳。
はしごを下ったり、崖の横を通ったり。

そして空が少し晴れてきたと思ったら…おやおや、あそこに見える山は!?

今回の山行で一番高い標高の鹿島槍ヶ岳も無事登頂に成功。

無事にこの日の山行を終えて思わずガッツポーズの鬼軍曹。


3日目(最終日)につづく...。

【2日目のコース】
五竜山荘→五竜岳→キレット小屋→鹿島槍ヶ岳→冷池山荘(コースタイム:9時間25分)

五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 1日目はこちらへ
五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 3日目はこちらへ
どうもご無沙汰しています。
後輩に鬼軍曹と言われた山小僧です。
昨年の9月に五竜岳・鹿島槍ヶ岳を縦走してきました!!
どちらも日本百名山の1つに指定されているだけでなく、この2峰をつなぐキレットは、
な…なんと日本三大キレットの1つに指定されているのです!!
そんなこととはつゆ知らず、お気楽な気持ちで山に挑む山小僧こと私♪


まずはロープウェイに乗って登山口まで移動。
文明の利器は凄いですなぁ。

登りはじめて少しすると八方池が出迎えてくれます。
ただ、この日はあいにくの雨模様↓↓
この調子だとせっかくの絶景も見れず、ただの筋トレになる予感が…。

さっ、ここからが本格的な登山に!
鎖を伝って上へ上へと。

そしてその場所はやってきた。
唐松山荘から五竜山荘までの稜線上。

これがなかなかにスリリングな岩場続きでした。
一歩一歩足場を確かめながらさらに進んでいくと…

雨も上がり、空がほんのり明るくなってきたときに見せてくれるこの景色。
ぅう~ん、素敵☆
この癒しときたら日々のストレスなんか軽く吹っ飛びますよ。
そんなこんなで初日の行動は無事に終了。

2日目につづく...。

【1日目のコース】
八方駅→八方山荘→唐松頂上山荘→五竜山荘(コースタイム:6時間00分)

五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 2日目はこちらへ
五竜岳・鹿島槍ヶ岳 縦走 3日目はこちらへ
カテゴリ
フォトログについて (2)
撮ってきた! (55)
買っちゃった! (45)
行ってきた! (79)
スタッフの毎日 (143)
スタッフのつぶやき (5)
取材っ! (28)
ただいま仕事中!! (4)
J-カメラ パトロール中 (23)
最新情報 (116)
山日記 (9)
酔いどれ日記 (27)
日本一周気まま旅 (44)
バックナンバー
2017/09 (1)
2017/05 (1)
2017/03 (3)
2017/01 (1)
2016/11 (1)
2016/09 (14)
2016/08 (3)
2016/07 (12)
2016/06 (15)
2016/05 (6)
2016/04 (2)
2016/03 (2)
2016/02 (1)
2016/01 (1)
2015/12 (2)
2015/11 (1)
2015/10 (1)
2015/09 (3)
2015/08 (5)
2015/07 (3)
2015/06 (2)
2015/05 (2)
2015/04 (1)
2015/03 (2)
2015/02 (3)
2015/01 (2)
2014/10 (4)
2014/09 (2)
2014/08 (3)
2014/07 (3)
2014/06 (2)
2014/05 (3)
2014/04 (1)
2014/03 (1)
2014/02 (2)
2014/01 (2)
2013/12 (1)
2013/11 (2)
2013/10 (1)
2013/08 (1)
2013/04 (2)
2013/02 (2)
2013/01 (1)
2012/11 (1)
2012/10 (2)
2012/09 (3)
2012/08 (4)
2012/07 (1)
2012/06 (4)
2012/05 (1)
2012/03 (3)
2012/02 (7)
2012/01 (2)
2011/12 (2)
2011/11 (4)
2011/07 (2)
2011/06 (3)
2011/05 (3)
2011/03 (2)
2011/02 (3)
2010/10 (3)
2010/09 (7)
2010/08 (7)
2010/07 (6)
2010/06 (13)
2010/05 (11)
2010/04 (14)
2010/03 (13)
2010/02 (11)
2010/01 (12)
2009/12 (15)
2009/11 (16)
2009/10 (20)
2009/09 (20)
2009/08 (17)
2009/07 (24)
2009/06 (21)
2009/05 (8)
2009/04 (11)
2009/03 (11)
2009/02 (10)
2009/01 (13)
2008/12 (12)
2008/11 (7)
2008/10 (12)
2008/09 (9)
2008/08 (11)
2008/07 (12)
2008/06 (14)
2008/05 (13)
2008/04 (20)
2008/03 (17)
RSS RSS
« PAGE TOP  /  PAGE : | 1 | 2 | >  >|